本文へ移動

法人の取り組み

ごあいさつ

地域ネットくれんどは、障害をもつ人たちや高齢者が、一人の市民として地域社会でいきいきと安心して暮らせる、トータルシステムの構築を目指している、非営利の事業所です。
事業所は、自立生活支援、権利擁護をはじめ、当事者主体のスローライフ、地域社会とのさまざまなコラボ事業の実現をめざして活動しています。
理事長 小河 努

基本理念

●弱さを絆(きずな)に
 つらかったら逃げましょう。そして思いっきり泣きましょう。楽しいことを話しに来ましょう。そして、夢を、やりたいことを、とことん語り合いましょう。
 弱くていいのです。がんばることからは降りましょう。障害や高齢は、克服する対象でも、惨めなことでも、恥ずかしいことでもありません。健常者社会からは弱くみえても、手話文化を持ったろう者コミュニティをみれば分かるとおり、社会的少数者(マイノリティ)としての誇りさえ持つことができます。
 くれんどは相談・支援センターです。身体障害者・知的障害者の仲間たちがサポートします。弱さを絆(きずな)に、多数社会の生活スタイルから自由になり、生き直しをしましょう。

●当事者主体のスローライフ(自立生活)の実現を
 地域社会でのノーマルな生活を満喫しましょう。半世紀前には全身性障害者の自立生活など想像もできなかったことです。スローなあなただから、こだわりを持っているあなただからこそ、地域での生活を楽しめるのです。
 くれんどは入所施設以外の、地域でのすべてのノーマルなメニューの実現を応援するセンターです。

●地域社会とのコラボレーション、協働化を
 地域社会で生きるときの大切なキーワードは、協働化です。私たちの住んでいる地域は地方、もっとはっきり言えば辺境にあります。障害や高齢もまた、人間界の辺境とでも呼べるところに置かれて来ました。それらは、いわば競争や効率を求める社会、中央志向によって「辺境」に追いやられて来たものです。
 私たちはそのことを逆手にとって、地域社会との協働化、コラボレーションを模索し、楽しみをみつけていきたいと考えています。
 そのために、くれんどの各施設を地域のオープンスペースとして開放します。また、環境や平和についての情報やイベントの発信基地にします。さらに、地域の特産品の開発や有機農業、イベントの手伝いなど地域の人たちの役に立つことをめざして活動していきます。
 スタッフは地域社会の窓口です。能力社会を超え、障害者・高齢者への人権侵害をなくすには、スタッフ自身がまず競争主義・管理主義から解き放たれ、障害者の、高齢者の、自らの痛みに対する想像力を持ち続けることが地域社会とのコラボレーションの出発となります。

方針

○だれもが寄りつどえる地域のコミュニティネットワークセンターをめざします。
○障害者・高齢者が、ひとりのあたり前の市民として生きられるよう、自由にのびのびとした当事者中心の運営を行います。
○自然・環境と共存していきます。

実績

子育て・就学相談、支援
地域生活の創出、メニューの拡大
地域との協働化事業
町障害者福祉計画策定への寄与
ガイドヘルプ制度の実現
自立生活の実現
手話通訳養成講座や教育機関への出前講師派遣

これから

○パーソナルアシスタント制度の実現を目標に、当面共同シェア住宅の実現
○情報提供、相談支援体制の拡大(自立生活プログラムの開催、ピアカウンセリング支援)

理事長の連載コラム~今月のひとこと~

RSS(別ウィンドウで開きます) 

日常と新しい風

2019-11-20
 日常をつむいでいくのはしんどい。しかも、それが自分のせいで神経を病んだ妻の狂態と尋問をくり返し受けるのであればなおさらだ。作家・島尾敏夫の『死の棘』には、絶望と贖罪といたわりが交錯する、そんな夫婦の「日常」が執ように描かれる。
 
 障害者ばかりが集まっている、集められているという点では、くれんどというところは、あたり前でない非日常的な空間である。このインクルージョンのご時世、必要悪としてのくれんどという言い方もできるかも知れない。にもかかわらず、目の前の仕事に忙殺されるという意味において、その非日常的な空間があたり前になり、風景になりかねない現実が一方である。そこから脱するには、せめて、私たち自身が、マジョリティ(多数派)から障害者が後景、周辺に追いやられているという自覚と使命感を持ち続けることが必要である。絶望と贖罪をくり返すだけでは、くれんどに明日はない。
 
 そういう思いから、初日1日しか持っていなかった新任者研修を、下期から思い切ってリニューアルした。10月1カ月間かけて各部署を体験してもらい、その後のOJT(目標シートによるふり返り、2月に一度の研修)につなぐことにした。ふり返りノートを読んで、新任者、責任者それぞれに、新しい気づきを持ったのだとうれしかった。そこには、くれんどの置かれている状況、くれんどが何をしようとしているか、そして何よりも自分がどう参画していくのか、率直な感想と意志がそれぞれのことばで書かれていた。
 
 とにもかくにも、5人が新しい風をくれんどに運んできてくれた。くれんどが、あらためて希望の持てるチームになるのかどうかは、この5人の問いかけに答えるくれんどのとりわけ職員のチーム力にかかっている。
 
 この文章を書いているのは、1カ月の研修を終えた10月末、これがみなさんに届くのは下期をスタートさせて1カ月後、さて、くれんどはどう変わっているだろう。季節は、立冬から小雪を過ぎているころか。

地域ネットくれんど
広島県呉市安浦町水尻1-3-1
TEL.0823-84-3731
FAX.0823-84-4041
-----------------------
--------------
1.地域生活支援
2.子ども・家族支援
3.地域協働
4.企画イベント

5.養成研修
6.当事者活動

-------------------------------------
地域ネットくれんどは、障害をもつ人たちや高齢者が、地域社会でいきいきと安心して暮らせる、トータルシステムの構築をめざしている、非営利の事業所です。

TOPへ戻る