本文へ移動

理念とコラム

基本理念

●弱さを絆(きずな)に
 つらかったら逃げましょう。そして思いっきり泣きましょう。楽しいことを話しに来ましょう。そして、夢を、やりたいことを、とことん語り合いましょう。
 弱くていいのです。がんばることからは降りましょう。障害や高齢は、克服する対象でも、惨めなことでも、恥ずかしいことでもありません。健常者社会からは弱くみえても、手話文化を持ったろう者コミュニティをみれば分かるとおり、社会的少数者(マイノリティ)としての誇りさえ持つことができます。
 くれんどは相談・支援センターです。身体障害者・知的障害者の仲間たちがサポートします。弱さを絆(きずな)に、多数社会の生活スタイルから自由になり、生き直しをしましょう。

●当事者主体のスローライフ(自立生活)の実現を
 地域社会でのノーマルな生活を満喫しましょう。半世紀前には全身性障害者の自立生活など想像もできなかったことです。スローなあなただから、こだわりを持っているあなただからこそ、地域での生活を楽しめるのです。
 くれんどは入所施設以外の、地域でのすべてのノーマルなメニューの実現を応援するセンターです。

●地域社会とのコラボレーション、協働化を
 地域社会で生きるときの大切なキーワードは、協働化です。私たちの住んでいる地域は地方、もっとはっきり言えば辺境にあります。障害や高齢もまた、人間界の辺境とでも呼べるところに置かれて来ました。それらは、いわば競争や効率を求める社会、中央志向によって「辺境」に追いやられて来たものです。
 私たちはそのことを逆手にとって、地域社会との協働化、コラボレーションを模索し、楽しみをみつけていきたいと考えています。
 そのために、くれんどの各施設を地域のオープンスペースとして開放します。また、環境や平和についての情報やイベントの発信基地にします。さらに、地域の特産品の開発や有機農業、イベントの手伝いなど地域の人たちの役に立つことをめざして活動していきます。
 スタッフは地域社会の窓口です。能力社会を超え、障害者・高齢者への人権侵害をなくすには、スタッフ自身がまず競争主義・管理主義から解き放たれ、障害者の、高齢者の、自らの痛みに対する想像力を持ち続けることが地域社会とのコラボレーションの出発となります。

理事長の連載コラム~今月のひとこと~

RSS(別ウィンドウで開きます) 

市民的権利の実現

2020-03-13
 もう何度もふれて来たことだが、年度末にあたり、あらためて記しておきたい。
 
 死んでも病院に戻りたくないという筋ジストロフィーの2人のきょうだいと、入所以外の選択肢を地域につくりたいという家族会で、障害者をはじめとする社会的少数者の地域生活支援を事業としてはじめて17年になる。わたしは、これを障害者市民化事業と呼んできた。障害者が市民的諸権利を享受していない現実があるからである。
 
 立ち上げの際はあまり意識していなかったが、いまふり返ってみると、私自身の動機の底には、23歳で他界した知的障害を持つ姉の存在と母親の思いが流れていたように思う。
母は、ときに自分が死ぬときは姉を一緒に連れて行くと話していた。また、「(こういう子を)持ってない人には分からない」とも話していた。その考えを、89歳で亡くなるまで変えることはなかった。
 
 一方、姉は就学免除のまま在宅で過ごして亡くなった。隠されるのが姉という障害者の宿命と言うなら、「生きた証」とは何だったのか、ほかに選択肢はなかったのか考えるようになった。私自身はその後、自立生活をしている障害者・団体に出合って、やっと展望を持つことができた。
 
 そうして現在、くれんどでは、障害者福祉サービス・介護保険事業のほか、地域にあそび場をつくり、パン屋・食堂をつくり、畑を耕し、移動販売やべんり屋を展開している。
生まれて来て良かった、人生捨てたもんではない、とお互いに一瞬でも思うことができればがための諸事業である。

地域ネットくれんど
広島県呉市安浦町水尻1-3-1
TEL.0823-84-3731
FAX.0823-84-4041
-----------------------
--------------
1.地域生活支援
2.子ども・家族支援
3.地域協働
4.企画イベント

5.養成研修
6.当事者活動

-------------------------------------
地域ネットくれんどは、障害をもつ人たちや高齢者が、地域社会でいきいきと安心して暮らせる、トータルシステムの構築をめざしている、非営利の事業所です。

TOPへ戻る