重度訪問養成研修

重度訪問介護従業者養成研修

重度訪問介護とは、障害者総合支援法のサービスの一つです。
講座では重度の肢体不自由者であって常時介護を要する方に対し、居宅における介助や外出中の介護(ガイドヘルプ)、緊急時の対応などに関する知識や技術を学びます。
さらに指定重度訪問介護における実習があり、当事者とのコミュニケーションを通して、より実践的に学ぶことが出来ます。重度訪問介護従業者資格は、短期間で資格取得が出来ますので、これから介護の仕事を始めようかと思っている方にはぴったりの資格です。
全カリキュラムを修了すると「指定居宅介護等の提供に当たる者として厚生労働大臣が定めるもの」(2009年9月28日厚生労働省告示第538号)の重度訪問介護従業者養成研修基礎課程・追加課程の修了証書が発行されます。障害者介護の仕事を始めるにあたってまず必要とされる資格、それが重度訪問介護の資格です。障害の軽度の方から最重度の方までサービスを提供することが可能です。

日程など

1.名称 くれんど重度訪問介護従業者養成研修
2.主催 特定非営利活動法人 地域ネット くれんど
3.会場 呉市安浦町水尻1丁目3-1  くれんど 本部  (実習は利用者宅)
4.日時
    第1回
  1日目:2018年6月16日(土) 9:30~15:45 / 2日目:2018年6月17日(日) 10:00~16:15    
       実習:6/18-7/2のうち1日:10時間
 第2回
     1日目:2018年12月15日(土) 9:30~15:45/ 2日目:2018年12月16日(日) 10:00~16:15      
                実習:12/17-31のうち1日:10時間
 
 
 

受講内容

【基礎研修】
①重度の肢体不自由者の地域生活及び従業者の職業倫理(2h)
②基礎的な介護技術(1h)
③(実習)基礎的な介護と重度の肢体不自由者とのコミュニケーション技術(5h)
④(実習)外出時の介護技術(2h)
 
【追加研修】
⑤医療的ケアを必要とする重度訪問介護利用者の障害及び支援(4h)
⑥コミュニケーションの技術(2h)
⑦緊急時の対応及び危険防止(1h)
⑧(実習)重度の肢体不自由者の介護サービス提供現場での実習(3h)

受講対象

16歳以上でホームヘルプサービスに従事することを希望する方、または従事することが確定している方

受講定員

10名(先着順)

受講料

20,000円(消費税,テキスト代含む)

申込み方法

(1)受講申込書に記入押印の上、郵送・ファックスまたはメールで申し込んでください。
(2)定員になりしだい締め切ります。
(3)受講料は振込又は当日ご持参ください。納付した受講料は原則として返金できません。

講習会修了証の交付

すべての講習科目を受講し、実技講習の審査の結果、合格した方に修了証を交付します。

お問い合わせ・申込み先はコチラ

特定非営利活動法人 地域ネットくれんど
(担当:松藤・石田)

〒737-2517
広島県呉市安浦町水尻1-3-1

Tel:0823-84-5803
Fax:0823-84-4041
E-mail:support@kurend.com
 

地域ネットくれんど
広島県呉市安浦町水尻1-3-1
TEL.0823-84-3731
FAX.0823-84-4041
-----------------------
--------------
1.在宅・外出支援
2.日中活動・就労支援
3.相談・居住サポート
4.企画イベント

5.養成研修
6.当事者活動

-------------------------------------
地域ネットくれんどは、障害をもつ人たちや高齢者が、地域社会でいきいきと安心して暮らせる、トータルシステムの構築をめざしている、非営利の事業所です。