本文へ移動

沿革

1997年4月
ちらくれん(芸南地域を楽しむ連絡協議会)発足
1999年4月
旧とまり樹(活動拠点)確保
2001年4月
手話サークル「ちらくれん」発足
若い人たちの会(きょうだい会)発足
2002年8月
NPO法人「ライフサポートセンター・ピアズ」認証
(2005年11月 CILピアズに改称)
(2008年9月 地域ネットくれんどに改称)
2002年11月
新とまり樹(現 BROTO)オープン
2002年12月
中井きょうだい自立生活実現
2003年4月
障害福祉サービス事業、介護保険事業開設
2003年10月
放課後等デイサービス開設
2005年5月
はばた樹オープン
成人デイサービス開設
(2007年4月 就労継続支援B型、生活介護に改称)
2005年7月
居宅介護支援事業所開設(2007年3月 閉所)
2005年12月
ショートステイ開設
2006年1月
すきっぷ共同作業所と合併
24時間公的保障実現
2006年3月
介護タクシー開設
2006年6月
コミュニティレストラン「かふぇーる」オープン
2006年10月
指定障害者相談支援、所内保育、移動支援、日中一時支援開設
2008年4月
福祉有償運送運転者講習会、重度訪問介護従業者養成研修開設
2010年4月
さざなみ作業所と合併
弁当事業開設
2010年10月
就労継続支援A型開設(2017年3月 閉所)
緊急時支援・居住サポート事業開始
2011年4月
児童発達支援事業開設(2012年6月 閉所)
呉市スポーツ少年団「ファルコンズ」発足(2020年3月 解散)
2012年4月
パンと雑貨のお店「BROTO」オープン
2012年7月
やどり樹オープン
2012年9月
同行援護従業者養成研修開設
2012年12月
自立準備ホーム開設
2013年12月
放課後等デイサービス2分割
2014年12月
安登ショップ「ジョバンニ」オープン
2015年4月
就労移行支援開設(2019年5月 閉所)
2016年4月
呉市自立支援協議会事務局受託
2016年9月
行動援護従業者養成研修開設
2017年4月
地域協働センター「カンパネラ」オープン
呉市地域生活支援拠点モデル事業受託
2017年5月
「豆ナ茶屋」オープン
2018年4月
グループホーム「ホームかぷかぷ」開設
居住支援法人登録
2018年12月
自立生活援助開設
2019年2月
就労定着支援開設

くれんどの成り立ち

 1997年4月に障害当事者、保護者、市民によって地域活動センター「芸南地域を楽しむ連絡協議会」(略称:ちらくれん)が発足しました。障害者も健常者も共に地域の中でらくに楽しく暮らしていきたいという願いからでした。
 
 2年後の1999年5月には、待望の拠点の確保(旧とまり樹)もでき、それまでのイベント中心の活動から、各種レクリエーションの開催、おかし(ケーキ)づくり、さをり織り、陶芸教室、手話教室(1998年7月~)など将来の活動の場作り、学習会や交流など、障害児・者の地域生活創出へ向けての具体的プログラムの試みや、地域ネットワーク拡大へ向けての活動が展開できるようになりました。
 一方1999年には、旧安浦町障害者福祉計画策定委員会の中にちらくれんの代表が入り、要望し続けていた懸案のガイドヘルパー制度も実現し(2000年4月)、自立生活支援センターとしての動きも具体化してきました。また、2001年には地元にろうあ協会が発足したことにともなって、手話サークルちらくれんが発足し、同時に中井きょうだいの自立生活を実現する会が発足し、当事者自身の動きが前面に出始めました。
 こうした中で2002年8月には、重度の身体障害者・知的障害者の自立生活支援、権利擁護支援など当事者中心の地域ネットワークセンター樹立をめざしてNPO法人を設立し、11月には新拠点をオープンさせ、12月にはついに中井きょうだいの自立生活を実現しました。そして2003年4月、支援費制度の発足に合わせて支援費・介護保険事業を開設し、いよいよ「24時間のスローライフの実現」へ向けてその事業化の一歩を踏み出しました。

地域ネットくれんど
広島県呉市安浦町水尻1-3-1
TEL.0823-84-3731
FAX.0823-84-4041
-----------------------
--------------
1.地域生活支援
2.子ども・家族支援
3.地域協働
4.企画イベント

5.養成研修
6.当事者活動

-------------------------------------
地域ネットくれんどは、障害をもつ人たちや高齢者が、地域社会でいきいきと安心して暮らせる、トータルシステムの構築をめざしている、非営利の事業所です。

TOPへ戻る