本文へ移動

理念とコラム

基本理念

●弱さを絆(きずな)に
 つらかったら逃げましょう。そして思いっきり泣きましょう。楽しいことを話しに来ましょう。そして、夢を、やりたいことを、とことん語り合いましょう。
 弱くていいのです。がんばることからは降りましょう。障害や高齢は、克服する対象でも、惨めなことでも、恥ずかしいことでもありません。健常者社会からは弱くみえても、手話文化を持ったろう者コミュニティをみれば分かるとおり、社会的少数者(マイノリティ)としての誇りさえ持つことができます。
 くれんどは相談・支援センターです。身体障害者・知的障害者の仲間たちがサポートします。弱さを絆(きずな)に、多数社会の生活スタイルから自由になり、生き直しをしましょう。

●当事者主体のスローライフ(自立生活)の実現を
 地域社会でのノーマルな生活を満喫しましょう。半世紀前には全身性障害者の自立生活など想像もできなかったことです。スローなあなただから、こだわりを持っているあなただからこそ、地域での生活を楽しめるのです。
 くれんどは入所施設以外の、地域でのすべてのノーマルなメニューの実現を応援するセンターです。

●地域社会とのコラボレーション、協働化を
 地域社会で生きるときの大切なキーワードは、協働化です。私たちの住んでいる地域は地方、もっとはっきり言えば辺境にあります。障害や高齢もまた、人間界の辺境とでも呼べるところに置かれて来ました。それらは、いわば競争や効率を求める社会、中央志向によって「辺境」に追いやられて来たものです。
 私たちはそのことを逆手にとって、地域社会との協働化、コラボレーションを模索し、楽しみをみつけていきたいと考えています。
 そのために、くれんどの各施設を地域のオープンスペースとして開放します。また、環境や平和についての情報やイベントの発信基地にします。さらに、地域の特産品の開発や有機農業、イベントの手伝いなど地域の人たちの役に立つことをめざして活動していきます。
 スタッフは地域社会の窓口です。能力社会を超え、障害者・高齢者への人権侵害をなくすには、スタッフ自身がまず競争主義・管理主義から解き放たれ、障害者の、高齢者の、自らの痛みに対する想像力を持ち続けることが地域社会とのコラボレーションの出発となります。

理事長の連載コラム~今月のひとこと~

RSS(別ウィンドウで開きます) 

20年度の重点目標について

2020-05-06
 くれんどは、地域における最初にして最終のセーフティネットの看板を掲げ、障害者の市民化事業を展開して来た。今年度は、コロナ禍のなかで、その取り組みを進めていくことになる。現在、事業計画を策定中だが、重点目標の3点にふれてみたい。
 
1.当事者活動を活発にし、ILP講座(自立生活体験プログラム)を軌道に乗せる。
  • パーソナルアシスタンス(1対1メニュー)・「重度訪問介護」を守り、障害福祉サービスの介護保険への吸収を阻む―これが自立生活部門の使命である。そのことを重度障害者が発信し続けることに意味がある。
  • そのために、新任研、実習、出前講座、しゃべろう会、当事者連絡会、ちらくれん等々あらゆる機会を通して、メッセージを発信し、ILP講座を実施する。
 
2.第2グループホームの実現(財政・人員の確保)にメドをつけ、組織基盤を確立する。
  • 地域生活の場としてのグループホームを軌道に乗せるための課題は4点ある。
  • 第1に、制度の枠組みを「訓練等給付費」から「個別給付費」に移すことにある。第2に、財政見通しを明らかにすることにある。第3に必要な人員の確保にある。第4に持ち堪えられる組織基盤の確立にある。
  • それぞれに前年度からアクションプランを準備して来た。第3項に関連しては、異例中の異例だが、5月から「企画・広報戦略室」を立ち上げることにした。当面は、採用戦略のアイデアをしぼる。
 
3.一般就労のモデルとなる福祉就労の内実をつくる。
  • このスローガンの意味合いは、施設外支援等から就労につなげる地域連携モデルをつくるという意味と、福祉就労の場を、「ディーセントワーク(やりがいのあるしごと)」「ソーシャルファーム(支援付き雇用)」をキーワードに、だれ1人取り残さない就労・居場所モデルとして構築しようとの意気込みがある。
  • さらに、18報酬改定など極端な成果主義と効率主義、重度障害者の排除という外圧に抗しながら、重度障害者(生活介護利用者)にも工賃を払い、なおかつ収入増をめざす就労モデルをつくろうとのねらいがある。1年かけて結果を出す。

理事長コラム バックナンバー

RSS(別ウィンドウで開きます) 

地域ネットくれんど
広島県呉市安浦町水尻1-3-1
TEL.0823-84-3731
FAX.0823-84-4041
-----------------------
--------------
1.地域生活支援
2.子ども・家族支援
3.地域協働
4.企画イベント

5.養成研修
6.当事者活動

-------------------------------------
地域ネットくれんどは、障害をもつ人たちや高齢者が、地域社会でいきいきと安心して暮らせる、トータルシステムの構築をめざしている、非営利の事業所です。

TOPへ戻る