本文へ移動

理事長コラム バックナンバー

RSS(別ウィンドウで開きます) 

子捨てのすすめ

2019-10-29
 ベトナム戦争に従軍したテーヴ・グロスマンは、その著『戦争における人殺しの心理学』のなかで、ふつうは殺せない人と人が殺し合う条件として、①物理的距離のあること(例:無人兵器などの遠隔操作)、②心理的距離のあること(例:宗教対立)をあげている。もう1つつけ加えるとすれば、③社会的孤立をあげることができるだろうか。
 
 むろん、社会的孤立を余儀なくされている人たちが「犯罪予備軍」だとするゆがんだ偏見に与する立場ではないし、そのような予断を統計的に裏付ける事実もない。
 
 しかし、姉、子ども、孫と身近に障害者と暮らした当事者家族の一人として、これまでの生活をふり返ってみれば、少なくとも社会的に孤立しやすい環境にはあり、そういった中で「日本における殺人事件の約5割が、親子間や夫婦間など親族のなかで起きている」という事実や報道に接すると、正直なところざわざわした不安がわき上がって来る。
 
 今年の5月末に起きた川崎市の登戸通り魔事件の直後、「家で荒れているひきこおりがちの長男が子どもに危害を加えてはいけないと思った」と、70代の父親が40代の子どもを殺害するという事件が6月1日、東京・練馬で起きた。何ともやりきれない気分になった。
 
仕事柄、障害のある子どもの子育てやひきこもり相談を受けることがある。気をつけていることは、子どもの出口(居場所)の提供・確保もさることながら、親の出口(逃げ道)の確保である。結論を言えば、「無限責任を負うことはない(社会的意識・世間から自由になること)。子どもはだれかがみてくれる(見捨てる覚悟を持つこと)」と、乱暴なことを言っている。
 
 ふり返ってみれば、人類の祖先が森からサバンナに降り立ったのは、大規模な気候変動仮説が言われた時代から、今では、木登りの下手な不器用で力の弱い集団が疎林や草原に追い出されたという仮説が有力とされるようになった(『絶滅の人類史』NHK出版)。弱い上にヒトの赤ちゃんを泣くのでさらに危険だ。ゴリラやチンパンジーの赤ちゃんは大人になるまでの1年もの間、親にぶら下がっているからそもそも泣く必要がない(『ゴリラからの警告』毎日新聞出版)。二足歩行によってさらに肉食獣に襲われながら、なぜヒトは生き残ることができたのか。弱いがゆえに群れで守り、たびたび食われながらも、自由になった両手で食料を運ぶためだったという食糧運搬仮説が有力らしい(『裸のサル』角川文庫)。
 
 今また、異質なものへの差別と排除が蔓延し、自己責任と自助努力が強調され、社会的孤立の穴はますますひろがっている。本当に重度障害者やひきこもりは不要な存在なのか、あるいは人類の未来にとってのカナリアなのか、そのことが現代の社会に問われている。当面の打開策の一つは、当事者の親が子を見捨てる(子育てから下りる)ことからだと思っている。「世の中、捨てたもんじゃない」。

社会保障制度の内実

2019-10-29
 参院選後に先送りしていた社会保障制度改革をめぐり、政府が秋以降、集中的に議論するための新たな会議を設ける方向で検討していることが分かったと、8月の初めだったか記事にあった。「全世代型社会保障の構築に向けた新たな会議」の立ち上げがそれだ。そういえば安倍首相は、参院選の投開票翌日の7月22日の記者会見で「子どもから子育て世代、現役世代、高齢者まで全ての世代が安心できるものへと社会保障全般の改革を進める」と強調していた。中身は、社会保障費の総抑制である。
 
 具体的に検討されるのは、①公的年金の受給開始年齢の75歳までの上限引き上げ、②75歳以上の医療費負担の1割から2割への引き上げ、さらには、③人口減などの影響を踏まえて支給額を自動調整する「マクロ経済スライド」の発動要件の見直しなどが言われている。
 
 財源について、消費税のさらなる引き上げや3000万円もの自己資金の備蓄=自助努力が言われることはあっても(なかったことになったが)、累進課税や大企業優遇税制の見直しが俎上にあがることは、まったくもってない。こうして、格差はますます拡大し、最近ではこの事態はもはや格差ではなく、階層、さらには階級だという言い方までされるようになった。これが、ときの政権に選挙で「信任を与え続けた」結果だ。

西暦と元号のあいだ

2019-08-26
 6月だったか、呉ポポロで疾うに旬の過ぎた『グリーンブック』を観たあと、近くのカフェに寄った。コーヒーを注文すると、「令和」と袋の表に印字しているクッキーが出て来た。このカフェに限らず、この類の便乗商法や「令和初〇〇」というキャッチフレーズがやたらと目を引く昨今である。根拠となっている1979年に制定された元号法は、たった2行の法律である。
 
1 元号は政令で定める。
2 元号は皇位の継承があった場合に限り改める。
 
付け加えれば、「元号は国民に強制するものではない」との附帯決議がこの法律にはくっついている。
 
 先代の代替わりの際は、この天皇の代替わりにともなう元号の改定(一世一元制)についてまだしも議論があった。世論調査では、元号存続論より元号廃止論のほうが、法制定以後むしろ増えたという記憶がある。今回は、議論どころか少なくとも表で見る限りは奉祝ムード一色である。この辺りが、日本の報道自由度ランキングが67位(国境なき記者団)と、低い理由の1つなのかも知れない。
 
 「元号は国民に強制するものではない」と、なぜわざわざ附帯決議につけたのだろうか。しれは、言うまでもなく強制が実際に行われているからである。便乗商法やミーハー的な装いを凝らしながら、その強制力の背景にある存在によって、かつて、宗教的マイノリティの弾圧と障害者の「非国民化」が行われた歴史がある。主権在民と思想・良心の自由を謳う現憲法に抵触するという批判も当然にある。
 
 この国際化の時代ゆえにか、面倒な換算や大金を使って改元する意味はどこかにはあるのだろう。しかし、独りよがりな思い上がりが、少数者を撃ち、寛容さと多様性をこの社会がより失っていく危険をはらんでいることを忘れてはいけない。

地域ネットくれんど
広島県呉市安浦町水尻1-3-1
TEL.0823-84-3731
FAX.0823-84-4041
-----------------------
--------------
1.地域生活支援
2.子ども・家族支援
3.地域協働
4.企画イベント

5.養成研修
6.当事者活動

-------------------------------------
地域ネットくれんどは、障害をもつ人たちや高齢者が、地域社会でいきいきと安心して暮らせる、トータルシステムの構築をめざしている、非営利の事業所です。

TOPへ戻る